エスティマ 中古車

エスティマの足回り

エスティマは他の2ボックスミニバンとは一線を画すデザインを持った車である。

 

それはスタイリングを一見しただけでも判る。

 

同社のアルファード&ヴェルファイアにも似ても似つかないスタイリングは、トヨタの意欲作でもある。

 

だがその独特のスタイリングに因って、この車は客を選ぶ様だ。

 

一回乗ってしまうとそれが麻薬の様に常習性があり、次から次へと次代エスティマを乗り継いでしまう。

 

初代から継承された独特のスタイリングは、事に因ると諸刃の剣でもある。

 

嫌いな人はアルファード&ヴェルファイアに言ってしまうし、極端な例ではハイエースに行ってしまう。

 

プラットフォームは無論共通で、エンジン&サスペンション形式も共通だ。

 

つまりこの三車は、かつてトヨタで一斉を風靡した三兄弟、ビスタ、マークU、チェイサーのミニバン版と言った所である。

 

トヨタ三兄弟で行き詰まったトヨタは、それをミニバンでやろうとしているのかも知れない。

 

トヨタって本当に三車種揃えるのが好きだよね。

 

エスティマにはハイブリッド車が設定されている。

 

ハイブリッドのエンジンは直列4気筒DOHC2.4リッターになる。

 

ハイブリッドでない物はV型6気筒DHOC3.5リッターが搭載される。

 

どちらの装備もアルファード&ヴェルファイアと共通だ。

 

私は前期型2.5リッターエスティマを運転した事がある。

 

運転姿勢は楽で、ハンドルも握りやすい。

 

ただお尻が安定していない。

 

と言う印象を受けた。

 

シート素材が滑らない物だったので滑る事はなかったが、何だか不思議な位置にお尻がある感覚がした。

 

どこかの駐車場に入る為に高さ5センチ程の障害を越える時に、時々後輪付近で異音がカタカタしていた。

 

その車はリース車だったので、障害の部分を報告すれば改善してくれる筈である。

 

だがそれはなかった。

 

これは単純過ぎるサスペンション形式の為に修理の施し様も無いので放置されていたのだろう。

 

単純な構造は故障が少なく、ランニングコストに優れるが、調整箇所が極端に少なく、整備士泣かせである事は間違いない。

 

ユーザーの苦情に対処できる構造的余裕がないのだ。