エスティマ 中古車

エスティマの中古車を購入する時あなたならどうするでしょう?
近くの中古車センターを見て回る

近くの中古車屋さんや中古車センターを見て回るとエスティマにすら出会えるかわかりません。

 

エスティマは販売以来杜根強い人気があり数もあるのですが、あなたが希望する色、グレード、排気量、オプションの仕様またはハイブリッドであるか否かのエスティマに出会えることはまずないでしょう。

中古車雑誌を見ていいものを探す

カーセンサーやGoo等の雑誌を買って見ると沢山の車が載っています。エスティマも沢山あるでしょう。しかし実際に見に行ける範囲は限られていますし、カーセンサーやGooがその車の品質を保証してくれる訳でもないのです。

 

私も昔自分の希望する車を見つけて遠くまで見に行ったのですが、なんか写真とは違っていたのでわざわざ遠くまで行ってがっかりして帰ってきたことを覚えています。

友達から買う

これが一番安い購入方法でしょうが品質の保証がありません。

 

万が一気に入らないことがあっても泣き寝入りするか友達関係を壊してまで保証を請求するかになり兼ねないので大人なら避けたほうがいいでしょう。

中古車センターや中古車雑誌で自分の希望するエスティマが見付かったら?

町の中古車屋さんや中古車センターの利益はカーディーラーとは違って中古車販売のみが利益の対象になります。したがって、中古車屋さんや中古車センターの土地代・人件費等が全て中古車価格に上乗せされているのです。

 

人通りの少ない所に店を構えていても仕方がないので人通りの多い所に中古車屋は存在しています。そして大きな車の在庫を抱える土地の広さは半端ではありません。

 

更に小さな中古車屋さんで5台程、大きな中古車センターで12台程の月間で売れる中古車に、小さな中古車屋さんで3人程、大きな中古車センターで6人程の人件費も上乗せされているのです。

 

この現実が分かった時に土地代の掛からない所で販売台数に対して従業員が少ない所が一番安く購入できると確信したのです。

 

希望する色、グレード、排気量、オプションの仕様のエスティマに出会える品揃えとこの安く買える条件を満たした所はどこ?

 

それはあの中古車買取専門のガリバーの中古車提案サービスです。

ガリバーの中古車提案サービスであなたの希望するエスティマが安く買える理由

ガリバーは元々買い取り専門で買い取った中古車を、中古車センターや中古車屋さんやブローカーにオークション形式により提供することで利益を上げてきました。

 

中古車提案サービスでは中古車の販売業者に売っている中古車をインターネットで個人に提供してくれるサービスなのです。

 

これにより個人の購入者でも業販に近い価格でエスティマを購入することができるのです。

 

エスティマの色、グレード、排気量、オプションの仕様についてもガリバーの中古車提案サービスなら問題ありません。

 

常時6,000台の在庫の中からあなたの希望するエスティマを見つけてくれますし、もし希望するエスティマがなくても毎日の500台の入荷の中から希望のエスティマが入り次第連絡をくれるシステムでサポートしてくれます。

 

エスティマの中古車を買うなら以上の理由でガリバーの中古車提案サービスで購入するのが賢い買い方です。

 

 

ネットで車を購入するのはちょっと不安なのですが・・・

大丈夫です。ガリバーの中古車提案サービスでは車の細部までしっかり画像でチェックできます。

 

しかも中古車の目利きのプロ=中古車センターや中古車屋さんやブローカーに卸すのが本来の仕事ですからしっかりプロの整備士によりメンテナンスされています。

 

素人相手の中古車センターや中古車屋さんやブローカーの整備よりよっぽどしっかり整備されています。

 

購入前の案内もオペレーターがしっかりしてくれますし、購入後6ヶ月〜最長36ヶ月の保証も付いてきますので安心です。

 

万が一どうしても納得いかない場合には返金にも応じてくれます。返金条件は以下のとおりです。

 

 

エスティマ豆知識

衝撃的なスタイルでデビューしたエスティマは、英語で「尊敬すべき」というESTIMABLE(エスティマブル)より名づけたクルマです。

 

1990年に初代が衝撃デビューし、1993年、廉価グレードとして「X」を追加しました。

 

トップグレードの「エスティマ」は発売当初からのように7人乗り・4輪独立懸架を採用していましたが、こちらは8人乗り・リアサスペンションに4リンク式を採用したものとなりました。

 

2000年に2代目を発表し、販売面ではカローラ・ヴィッツに次いで、2000年新車乗用車販売台数第3位(約12万2400台)と初代の雪辱を果たす大ヒットを記録しました。

 

タクシーにも多く用いられるようになり、保安基準の都合上キャプテンシートの設定があるGグレードが多く、Xグレードの3列目シートを撤去し5人乗りとして使用する例もありましたが全面衝突安全性能の改善で不採用になってしまいました。

 

2006年に3代目を発売し、2代目はウィンカーにサイドマーカーを採用していましたが、3代目ではそれがなくなってしまい、代わりにサイドターンランプが付いたミラーが標準装備となりました。

 

インテリアデザインはセンターメーターこそ継承したのですが、2代目とは打って変わって直線基調で広がり感のあるデザインとなっています。 また、シーケンシャルシフトマチックも搭載されました。

 

ハイセンスな車として認知度の高いエスティマの発売日には度肝を抜かれたものでした。

 

二十歳くらいの時だったかな?シーマ現象のバブル後くらいにステップワゴン 中古車を皮切りにミニバンブームに入った最中くらい。

 

オフロードブームからいきなりミニバンブームが来たのでニッサンもあわててエルグランド 中古車を投入しましたね。

 

そんな中異才を放ったのが左右非対称という斬新な車キューブ 中古車でしたね。

 

エスティマは、 バランスのとれたミニバンだと思う。

 

大きなボディのわりに街なかでの取り回しに優れ、使い勝手、乗り心地、動力性能、ハンドリング、高速安定性といった各項目が高めのレベルでバランスが取れている。

 

けっして個性的ではないものの、ファミリーを支えてくれる実直な移動手段である点が素晴らしい。

 

エンジンは3種類でパワフルな3.5リッターV6(280ps、35.1kgm)は、6段ATとの組み合わせられる。

 

2.4リッター直4(170ps、22.8kgm)はCVTとなり、また、他にハイブリッド車もある。

 

シート機構では、2列目を2席とした7人乗り仕様には「リラックスキャプテンシート」を採用。

 

800mmも移動できる前後スライド機構、角度調整が可能なオットマン付きのシートで、3列目を格納すれば、前席後ろから2列目ヒップポイントまで1580mmものスペースが広がる。

 

8人乗り仕様では、2列目を6:4分割可倒式の3人がけとした。

 

7、8人両仕様とも3列目は6:4分割可倒式で、シートを床下に格納することができる。

 

キー携帯で解錠・施錠、エンジン始動ができる「スマートエントリー&スタートシステム」は全車標準装備。

 

車内に目を移すと、スピードメーター内のオレンジ色の照明がモダーンでオトナっぽい雰囲気を醸し出している。

 

このクラスのミニバンらしく装備は充実している。

 

パワースライドドア、運転席と助手席個別に温度設定できるオートエアコン、電動格納式ドアミラー、ディスチャージ・ヘッドランプ、キーレスエントリー等々、日常使いで便利な装備がひととおり揃う。

 

前席は、ノーズは目に入らないが、高めのドライビングポジションのおかげで視界はとてもよい。

 

天井の高いクルマだからヘッドクリアランスがたっぷりとられている。

 

2列目シートは、8人乗り仕様ではオットマンの付いた“リラックスキャプテンシート”は選べない。

 

けれど普通のシートでも快適である。

 

セカンドシートのスライド量は大きく、サードシートを収納して最も後ろに下げるとリムジン以上に足元は広々する。

 

3列目シートは、全長約4.8メートルのクルマだけに最後列席の足元はそれほど窮屈ではない。

 

ヘッドルームはミニマムとはいえ、たとえこの席に座らされることになってもそれほど疎外感を抱かずに済む。

 

ミニバンのサードシートとしては標準以上の空間がある。

 

加えて、サードシートの床下収納機構もよくできていて、簡単に操作できるのが親切だ。

 

荷室は、サードシートを立てた状態でのトランクはそれなりのスペースしかない。

 

買い物袋のような小ぶりのものであればかなりの数を収納できる。

 

サードシートを備える日本製ミニバンのトランクとしては標準的な容量だ。

 

トランク内の仕上げも上々、ラゲッジネットを付けるためのフックや12V電源出力がありなかなか便利である。

 

さて、エスティマはハイクラスなミニバンとして、とっても高い次元でバランスの取れた素晴らしクルマに仕上げていると思う。